金管10重奏楽譜 ブラス・アンサンブルのためのフラリッシュ《サルムの光》(ペガスス座三部作 第1曲) (中橋愛生) 【2020年10月取扱開始】 [FME-0470]

金管10重奏楽譜 ブラス・アンサンブルのためのフラリッシュ《サルムの光》(ペガスス座三部作 第1曲) (中橋愛生) 【2020年10月取扱開始】 [FME-0470]

販売価格: 2,000円(税別)

(税込価格: 2,200円)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 ご注文(ご入金)後、通常3営業日前後で発送。

【NP後払い・カード決済ご利用のお客様で、商品をお急ぎのお客様へ】
国内出版・海外出版を問わず、品切れを起こすことがございます。NP後払い・カード決済ご利用のお客様は、恐れ入りますが購入手続きの前に在庫状況の確認から行っていただけますよう、ご協力お願い申し上げます。

編成: 10重奏
タイム: 1分30秒
編成:金管 - 10重奏
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Flugelhorn
Alto Horn in Eb
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba

商品紹介
2005年10月2日に行われた、さいたまファンファーレクラブの第10回演奏会のために書いたのが「サルムの光」。今年の2月に2曲を追加して、「ペガスス座三部作」となりました。
「さいたまファンファーレクラブ」の略号「SFC」を「S(ミ♭)→ F(ファ)→ C(ド)」という音列に置き換えて、そこから取り出した「長二度→完全五度」という音程進行が、全曲を通じた統一主題となっています。SFCのシンボルであるペガサスはギリシア神話に登場する翼を持つ天馬。メデューサの血から生まれてペルセウスの愛馬となったペガサスは、芸術の女神ミューズたちに可愛がられていたと言われています。様々な顔を持つペガサスと同様な、SFCの多彩な表情をご堪能頂ければ幸いです。曲にはそれぞれ、ペガスス座(編集注:星座名ではペガススと表記します)にある恒星の名前が付いています。
《サルムの光》(フラリッシュ)
「サルム」はτ(タウ)星。星言葉は「高い理想に進むペガスス」(3月10日)。「フラリッシュ」(フローリッシュとも)はファンファーレの中でも特に華やかなものを指す言葉。輝かしい未来へ向けてのファンファーレ。
《マタルの涙》(コラール)
「マタル」はη(イータ)星。星言葉は「恋にのめり込む集中力」(2月29日)。「雨の守り神」の意味を持つ「マタル」は、幸運をもたらす雨を降らせるといいます。「コラール」は本来はプロテスタントの賛美歌である四声の合唱曲ですが、ここでは慈愛を讃える歌という程度の意味で用いています。
《マルカブの矢》(トッカータ)
「マルカブ」はα(アルファ)星。星言葉は「直感と計画性のサクセス」(3月6日)。「乗り物(馬の鞍)」という意味を持つこの星は「秋の大四辺形」を形成する星の1つとしても知られています。7月に観測される「ペガスス座流星群」の放射点がマルカブのすぐ近くであるのは、稲妻の運搬役でもあったペガサスらしい不思議な一致です。そんなマルカブを題材としたこの曲は、疾走感あるトッカータ(走句が多用される楽曲)となっています。(中橋愛生)


【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント