サックス4重奏楽譜 サクソフォン四重奏曲集 作曲:V.ネリベル (V.Nelhybel)  【2019年12月取扱開始】 [NEO-064]

サックス4重奏楽譜 サクソフォン四重奏曲集 作曲:V.ネリベル (V.Nelhybel)  【2019年12月取扱開始】 [NEO-064]

販売価格: 6,000円(税別)

(税込価格: 6,600円)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
店頭在庫切れの場合 お取り寄せ 通常3営業日前後で出荷。

☆ジャケットをクリックするとサンプルスコアが閲覧できます。
(一部対応していない作品もございます。)

作曲:V.ネリベル (V.Nelhybel)
演奏時間:24'30"
グレード:3〜4
編成:1st Alto Saxophone in E♭
   2nd Alto Saxophone in E♭
   Tenor Saxophone in B♭
   Baritone Saxophone in E♭

1968年に初版された彼の『サクソフォン四重奏曲集』は全42曲からなる小品集。おおむね平易な曲から難しい曲、短い曲から長い曲に並んでいるが、配列は絶対ではない。選んで演奏する際に順序が前後してもいい。テーマやモチーフを各奏者が平等に分担しながら大理石を緻密に積んで建築物を作るように曲を構築するのがネリベルのスタイルであり、多くの場合、主旋律・対旋律・和音・ベースのような区分はない。古風な曲から新しい響きまで楽しめ、平易な語り口ながらネリベルの世界が凝縮されている。ベーラ・バルトークのピアノ小品集『ミクロコスモス』にも匹敵する、ネリベルの芸術の「小宇宙」といっても過言ではない。

楽譜にはアクセント、テヌート、スタッカート等の記号が多く、明快な発音が要求される(テヌートも深いアタックで)。ただし、過度に刺激的な表現を求めるのは好ましい姿勢ではない。親切記号が多い(多くはカッコつき)が、すぐ前の臨時記号の打ち消しだけでなく、直前や同時に他のパートに変化音が現れる場合や旋律進行に増・減音程が生じる場合に誤解を生じないための配慮が含まれている。

もともとの楽譜は4段のスコア形式で、各奏者がそれぞれスコアを見ながら演奏するものだった。このたびの出版ではパート譜を用意したが、スコアも曲中にめくりがないよう配慮してある。ネリベルの勧めを尊重し、各奏者がスコアを見ながら練習・演奏してみることをお勧めしたい。(村上泰裕)

【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合はキャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめご了承の程お願い申し上げます。

Facebookコメント