フレキシブルアンサンブル3重奏楽譜 メヌエットとスケルツィーノ 作曲者:中村匡寿  【2019年8月取扱開始】 [BRN-FLMS-87091]

フレキシブルアンサンブル3重奏楽譜 メヌエットとスケルツィーノ 作曲者:中村匡寿  【2019年8月取扱開始】 [BRN-FLMS-87091]

販売価格: 5,400円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
店頭在庫切れの場合 お取り寄せ 通常3営業日前後。

Flexible = 融通のきくアンサンブル譜

作曲者:中村匡寿 (Tadahisa Nakamura)
演奏時間:5分30秒 (約)
グレード:3.5
編成:フレキシブル3パート

▼楽器編成▼
【Part 1】
Flute
Oboe
English Horn in F
Clarinet in B♭
Alto Clarinet in E♭
Soprano Saxophone in B♭
Alto Saxophone in E♭
Trumpet in B♭


【Part 2】
English Horn in F
Clarinet in B♭
Alto Clarinet in E♭
Bass Clarinet in B♭
Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭
Trumpet in B♭
Horn in F
Trombone
Euphonium

【Part 3】
Bassoon
Bass Clarinet in B♭
Baritone Saxophone in E♭
Horn in F
Trombone
Euphonium
Tuba

♪楽曲解説♪
 Allegro moderato 変ホ長調 3/4拍子。
 この作品はユニークな構造をもっている。序奏の後に現れる主部は、種々の旋法や目紛しい転調により彩られ、楽想は自由に展開し乍ら属調へ達する。そして緩徐な推移部を経て、これまでとは一転、Allegroで戯画的な中間部が現れる。再び主調でテンポを落とした序奏へ回帰し、コデッタを迎え曲が閉じる。モティーフと呼べるものはないが、冒頭から示される同音の連続は曲全体を通して旋律を形作る上での統一原理となっている。また、それは発話や歌唱表現が志向されたものであり、曲が持つ叙情と諧謔の両面を文字通り発言している。幕開きと幕引きの秩序に挟まれたアブストラクト(抽象)とコントラスト(対照)が鮮やかに響く小品である。
(中村匡寿)
【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント