クラリネット11重奏楽譜  タランテラ作曲 朴守賢 【2019年8月取扱開始】 [FME-0440]

クラリネット11重奏楽譜  タランテラ作曲 朴守賢 【2019年8月取扱開始】 [FME-0440]

販売価格: 7,560円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 ご注文(ご入金)後、通常3営業日前後で発送。

タランテラ
Tarantella
作曲: 朴守賢 (Soon-Hyun Park)

編成: 11重奏
グレード: 5+
演奏時間: 9分30秒

京都市交響楽団クラリネット奏者・玄宗哲氏主宰による関西を代表するクラリネット奏者で結成された「クラリネットオンズ」の委嘱により、2019年6月に作曲、同年7月に初演されました(OIT梅田タワー常翔ホール)。
「11人のクラリネット奏者」について、作曲プランと整合性がとれる編成を考えた結果、「ダブルクインテット(エスクラリネット、クラリネット1・2、バセットホルン、バスクラリネット)+コントラバスクラリネット(以下CB)」という編成に辿り着きました。そして、CBを中央奥に配置、そこから扇状に対称に広がるようクインテットを低音から高音の順で配置する構図を採りました。客席向かって左側のクインテット〈X〉は民謡音階のペンタトニック主体、右側の〈Y〉は半音や増音程中心という、異なる音楽的性格を与えました。CBはそれらの橋渡しや統括を担います。
「タランテラ」はイタリア発祥の8分の6拍子系のテンポの速い舞曲ですが、曲の始めには到底タランテラの雰囲気はありません。8分の6拍子だけは守られていますが、イタリアの速い舞曲ではなく、幾分東洋的で遅く不安定な流れで始まります。そこから、CB、〈X〉、〈Y〉の三者が出会い交流しながら互いの音楽的性格をぶつけ、交歓する内に、次第にタランテラ的な断片が結合していき、細胞の融合に従ってその生命的なテンポも上がっていきます。そうして遂には、現代的で狂乱的なタランテラとして融合の姿を見せます。(朴守賢)

朴守賢 (Soon-Hyun Park)
 大阪音楽大学音楽学部作曲学科作曲専攻出身。
 アジア作曲家連盟「アジア音楽祭」、 済州国際管楽祭(韓国) 、国際現代音楽協会「World Music Days」(2009/スウェーデン, 2014/ポーランド)、高雄春天藝術節(台湾)等、東アジアや欧米を中心に作品を発表。 2015年8月には、済州国際管楽祭20周年記念委嘱作品を機に、韓国国営放送KBSの密着取材を受け、ドキュメンタリー特集が放送された。? 第3回ACL-Korea青年作曲賞優秀賞、 第15回大邱国際現代音楽祭最優秀賞、日本クラリネット協会クラリネット作品コンクール第3位、関西現代音楽交流協会作曲賞、第7回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位(2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲V『暁闇の宴』)、等を受賞。
 2008年12月、亀井純子文化基金(現・神戸文化支援基金)の助成により、朗読音楽作品個展『Sarang』を開催(神戸女学院小ホール)、同名のソロアルバムを制作。2015年9月には京都芸術センターの委託・主催により、ファゴット奏者の中川日出鷹氏とのコラボ個展『Double Respiration』を開催。? 様々な編成の作曲作品を発表する一方で、南海電鉄CMやKBS京都テレビドラマ等、映画やテレビ等の劇伴音楽も制作。その他に、指揮・音楽指導、クラリネット・リコーダー・巴烏(Bawu, 雲南の横笛)等の演奏、芸術国際交流等でも活動。関西現代音楽交流協会、日本管打・吹奏楽学会各会員。

【免責事項】
ご注文後のキャンセルは、申し訳ございませんがお受けできません。お急ぎの際は、お手数ではございますが、ご注文の前に、在庫確認を行っていただくか、ご注文の際、備考欄に、○月○日までに必要等のコメントをお書き添えください。尚、目安として、発送までに通常3営業日は必要ですので、ご注文日より3日以内にご必要の場合は、事前に在庫確認をお願いします。

♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント